_Y810771

ハイヤーとタクシーの違いとは

こんにちはくるばすのKです。

今週はお客様からも多く寄せられる質問の1つの「ハイヤーとタクシーの違い」についてお答えいたします。


ハイヤーとタクシーの違いは、利用方法や料金体系、車種など多岐にわたります。
タクシーは駅前などの乗り場や街中から乗車ができるのに対して、ハイヤーは完全予約制。またタクシーの利用料金には距離に応じたメーター制が採用されていますが、
ハイヤーの場合は出庫から車庫に戻るまでの時間に応じた料金体系となっております。


■くるばすで扱っている、ハイヤーの車種

ハイヤーで用いられる車種は、アルファードやレクサスなど高級車が主となっております。くるばすで扱っている車種をご紹介致します。

ハイエース

c_016

・乗車定員:8名(最大9名※助手席含む)
・スーツケース積載目安:9個

ハイエースの最大定員は運転手を除き9名。荷物積載量の目安として、スーツケース9個まで対応可能です。
車内スペースも非常に広いため、大人数の輸送や荷物の運搬に適した車種です。
インバウンドのお客様の空港送迎や、ロケ車・機材車としても広く利用されています。

 

アルファード

c_019
・乗車定員:推奨4人(最大6名※助手席含む)
・スーツケース積載目安:3個

アルファードはトヨタ最高グレードのミニバンです。最大定員は助手席を含み6名。荷物の積載目安量として、スーツケースは3個まで対応できます。
シートはゆったりとしており、クッション性に優れ、乗り心地も抜群です。来客の送迎はもちろん、少人数での旅行や観光にも活用されます。

 

レクサス

c_022

・乗車定員:推奨2名(最大4名※助手席含む)
・スーツケース積載目安:2個

レクサスは優雅な乗り心地が特徴の最高級クラスの乗用車です。最大定員は助手席含め4名。荷物の積載量目安として、スーツケース2個まで対応できます。
VIPゲストのおもてなし、送迎などはもちろん。特別な日の贅沢にどうぞ。

 

クラウン

c_0251

・乗車定員:推奨2名(最大4名※助手席含む)
・スーツケース積載目安:2個

レクサス同様、乗り心地が最高クラスの乗用車です。最大定員は助手席含め4名。荷物の積載量目安として、スーツケース2個まで対応できます。
ビジネスシーンはもちろん、少人数でのお出かけにもご利用ください。

■料金体系について

タクシーとハイヤー料金違い

・タクシーの料金体系
タクシーは街中のどこからでも乗車でき、乗った場所から降りる場所までの移動距離と時間をもとに、乗車料金が算出されます。
2020年現在、東京でのタクシ初乗り料金は410円となっています。そこから距離や時間に応じた料金が加算されていきます。

・ハイヤーの料金体系
ハイヤーはメーター制を適用しておりません。完全予約制のハイヤーは、営業所の書庫から派遣されて車庫に戻るまでの間が貸し出されたということになり、その間が課金対象となるのです。
つまり、実際に乗っていない間の距離も対象となるということです。個別輸送機関と呼ばれるハイヤーは、当然ながらタクシーより割高になります。

■利用方法・乗車方法の違い
タクシーの乗車方法は、街中の流しのタクシーを止めての乗車、駅などのタクシー乗り場からの乗車が、予約を行って迎車などが一般的です。
ハイヤーとは営業所から派遣される、運転手付きの貸切乗用車を指します。
そのため、ハイヤーは街中で流し営業を行っていません。ハイヤーとタクシー、2つの大きな違いはこの点です。
そしてハイヤーは完全予約制のため街中で、”流し”は行っていません。

■まとめ

いかがでしたか?

意外と知られていないタクシーとハイヤーの違いですが、こうしてみるとタクシーとハイヤーは異なっている点が多いですね。
一目でわかるように相違点をまとめました。

■ハイヤー
・対象客:契約されたお客様
・利用目的:イベント、旅行、VIP送迎、おもてなし
・料金:出庫してから入庫するまでの距離
・車体:黒
・支払:契約形態次第(後払い、前払いも可)
・1日貸し切り:可能

 

■タクシー
・対象客:不特定のお客様
・利用目的:個人の移動
・料金:指定された場所までの距離
・車体:黒、オレンジ、黄色、緑など
・支払:後日不可
・1日貸し切り:不可

 

くるばすではハイヤーの手配を取り扱っております。
大切なお客様の送迎や出張時などのビジネスシーン、観光でのご利用、機材の運搬など、幅広いシーンにて活躍できます。
ハイヤーは事前での予約、見積りが必要になるため、ご利用をご検討されている場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。
▼お問い合わせはこちら▼
貸切バス、ハイヤー、トラックの予約は「くるばす」

コメントする