大みか饅頭2

【第2回】旅行先ではずさないお土産といえば??

コロナの陽性者も一進一退でなかなか減りませんが、今年はお花見が出来るといいなぁ……
と桜の季節に思いを馳せているくるばす受付担当のMです。

先週より始まりました各地のお土産を紹介するという企画にまずは何をご紹介しようかと
悩みましたが、いきなりかなりマイナーなところで攻めてみようかと思います。

その名も【大みか饅頭】
この名前でピンと来あなた!茨城のご出身ですか!?

1.大みか饅頭

➤大みか饅頭 | 運平堂本店

大みか饅頭2  大みか饅頭1

大甕(おおみか)とは、茨城県北部の都市の名前です。
その名の通り大甕駅前の運平堂さんで販売されているお饅頭。
普通のお饅頭と違い、真っ白でほっそりとした楕円形のボディが特徴です。

皮はもっちりあんこも甘すぎず、初めて食べた時から大ファンの一品♡
今は通販でも買えるようですが、かつては大甕駅前の店舗(18時で閉まってしまう…)と
水戸のデパートでしか買えない幻の一品でもありました(私的に)

都内では購入できるところがありませんので、コロナが収束したらぜひ現地に出かけて
そこでしか買えない特別感を味わって頂きたいと思います。
(最近はオリジナルの焼き印なんかも出来るようですビックリ!!)

くるばすでは移動手段の手配から宿の手配まで、トータルサービスをご提供させて頂きます。
見積りのみでのご利用もお待ちしております。

▼お問い合わせはこちらから▼
貸切バス、ハイヤー、トラックの予約は「くるばす」

コメントする